DoctorT's Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 自動車デザイン独り言2

<<   作成日時 : 2015/07/13 22:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2回目はニッ○ンです。

1987年頃までは、結構ニッ○ンって好きな車がいっぱいあったんです。
510ブルー○ード、ブルー○ードU、初代ロー○ル、愛のスカイ○イン、ケン○リスカイ○イン
チェ○ーX1−R、二代目シル○ア、レパ○ド・・・・・でもバブルの頃以降は・・・。

エクストレ○ル
元はクロカンと言われて今はSUVというこの手のクルマ。ボディ形状が乗用車的になるのが最近の傾向。みんながみんなそんな傾向なのがいや。しかしこのエクストレ○ルはクロカンちっくなテイストはある程度残してる。フロントグリルのべろみたいな銀メッキがちょっとねえ。

ジュ○ク
近くで見るとカエルかでんでんむし?ボンネットの出目金みたいのがライトで、ライトに見えるのがフォッグって・・・。べろもあるし、ジュ○クというよりジョークだよ、これじゃ・・・。

スカイラ○ン・フ○ガ・シ○マ
フロントグリルが打ち出の小槌みたいなデザイン。かっこいい車って何かがわかってないんじゃ?

テ○アナ・シル○ィ・ラテ○オ
全体のプロモーションはいいけど、フロントデザインがこれまた「こんなの適当でいいから、次行こう」とデザイナー氏?

GT−○
GTOじゃないよ。世界でも有数のハイパワー車が、なんか2ドアセダンみたいなかっこ。

フェアレ○ィZ
横からのシルエットが1970年代のZに見える不思議?変なかっこのヘッドライトが妙に印象に残る。

ノ○ト
フロントグリルに隠れたようなヘッドライト。意味のないボディサイドのライン。ブレーキランプの不整形な形。

キュ○ブ
唖然とします。ただでくれると言っても貰いたくない。売ってお金にかえる時間も惜しい。

マ○チ
これもベロ付き。欧州カー・オブ・ザ・イヤーを取った初代マイクラが遥かな昔。

ラフェ○タ
全体にここが本当にいやだ、というとこがないものの、ボディサイドの意味不明のラインがダメ押しに。

ウイング○ード
Cピラー後の屋根のラインが持ちあがるのが気持ち悪い。フロントグリル・ライトのデザインも最悪。

リ○フ
一言、「カバ」

エルグ○ンド・セ○ナ
これまた、ヤ○ザの顔に刀傷、銀メッキの虚飾にデコトラ以下のデザイン。

デ○ズ・シリーズ
ミツ○シと共同開発。ミツ○シ的なデザインだともう少しどうにか・・・と思うんだけど、この形どうみてもダイ○ツが作ったデザインに見える。ekワ○ンより銀メッキが多いのは、このメーカーの成金趣味を感じるなァ・・・。



今のこのメーカーには、良いと思うもの・買ってもいいかなというもの、供に無いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自動車デザイン独り言2 DoctorT's Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる