DoctorT's Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS アニメ「艦これ」第3話の衝撃?

<<   作成日時 : 2015/01/25 22:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アニメ「艦これ」第3話見ました。1話・2話が割とほのぼのしていたので、日常系のアニメ路線かなと思いきや、シリアス系も入った路線ですね。

この手のアニメで既に「ストライク・ウイッチーズ」等もありますが、(SWも全て見てるわけではないので、確かなことは言えませんが)シリアスな戦闘場面があるものの、この場合の墜落は今まで見たアニメ・原作にはなかったので、今回の「艦これ」は新鮮です。
とはいえ、「まど☆マギ」の例のマミさんの第3話と同調したかのような今回の展開ではあります。

原作のゲームやらアンソロジー的なものもほとんど見てないのですが、ゲームのプレイ動画や轟沈の存在が厳然とある以上、あのストーリーもないとは言えませんね。
思えば、「セーラームーン」第1シリーズでの美少女戦士死す!から始まり(直後に転生してますが)、「サクラ大戦」第1シリーズの大詰めのシーンも同様、美少女ゲーの「Air」「Kanon」「Clanado」を通過して「まど☆マギ」と、常に問題提起してきた大ヒット作と少女の死とはある程度切り離せなくなった昨今の作品群です。

ネットでの大騒ぎは、現在ゲームを進行してる全国の提督感情からはいや〜な印象(特に如月推しの)を持たれてるかもしれませんが、マルチメディア展開をしてる原作ゲームの場合、たくさんあるパラレルワールドの1つと考えた方が楽しめるのではないでしょうか。

かくいう私も、セーラームーンの場合はアニメしか見てません、原作は絵柄を見て「これは見なくていいものだ」と思いました。アニメが唯一の世界。

「サクラ大戦」はゲームが好きで、むしろアニメ版(OVA.TV)の出来が今一だったのでアニメ版はあまり見てないし、あくまで別世界と評価。

Keyの3部作は原作ゲームはあまりやっていなく(Airが50%くらい、Kanonが20%、クラナド0%)京都アニメーション版の評価です。東映アニメ版はAir見ましたが、これも見なくていいものと判断。

まど☆マギはオリジナルTV版を見て感動。少々アンソロ漫画見ましたが見なくていいものと判断。映画版はやはりプロローグの戦闘場面を省いたのは異論有りですが、全体的には合格。新作もまあまあの出来。

因みに、昔からヒットアニメの宿命として上にも書きましたがアンソロジー漫画ってそれほどいいものがあるようには思えないです。


そんなことを綴れに思った次第です。

艦これ今後の展開ですが、歴史に即した展開になると最終回は長門や雪風やら数隻しか残らなくなるでしょうし、約半数は残したいならミッドウェーあたりの歴史までになるかもしれませんね。もっと残したいなら初期のサンゴ海海戦あたり?
その辺は製作者の胸ひとつでしょうし、制作人のお手並み拝見ということでいいのでは?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アニメ「艦これ」第3話の衝撃? DoctorT's Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる