アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「クルマ」のブログ記事

みんなの「クルマ」ブログ


自動車デザイン独り言7 最終回

2015/07/24 01:13
さて、さんざ言いたいこと言ってきた独り言。最終回の今回はミツ〇シ。

何と言っても気に入るデザインの数では圧倒的に一番多いメーカーなんですが、実は1モデルチェンジサイクルごとに気にいったサイクルと気に入らないサイクルが変わりばんつに来るんです。

例えば一番モデル数の多いギャ〇ンでたとえると
1代目、A−T、A−U、派生車種GTOなどの時代は〇
2代目、ニュー・ギャ〇ンでボディが拡大されまるっこいデザインの頃は×
3代目、初代Σ・Λのころは〇
4代目、ターボモデルがラインナップの2代目Σ・Λは△
5代目、FFになったΣは×
6代目、スリーダイヤ復活、VR−4が出た時は〇
7台目、3ナンバー、丸っぽくなったのは×
8代目、GDI直噴エンジンの時は〇
9代目、アメリカ専用モデルは×
10代目、フォルテ〇スの副題のついたランエボ]とおなじやつは〇

一回、△が付いた以外は〇と×が交互なんです。

では、現在のミツ〇シは????


デ〇カD:5
出た時は「真四角だな〜」と思ったが、最近のミニバンの銀メッキ地獄を見てると何て素晴らしいデザインなのかとびっくりする。他者に流されない反骨精神が素晴らしい。衆愚のミニバンを横目で眺めつつ、できればディープグリーン・マイカとアイガーグレーMのツートーン色に乗りたいね。

アウトラン〇ー
最初でた時は、なんとも地味なフロントだな〜と思った。そしたらマイナーチェンジでびっくりするフロントマスクに。ところがこれが良くない。ト○タのレク〇スみたいなプレデター顔?グリルの下の広大なブラックアウト部分が何か変。今後、これがミツ〇シ車の顔になるのかと思うと憂鬱。試にブラックアウトの部分を全てボディ色で塗りつぶすと、かなり良くなる。もしこの車を買うとなったら、ぜひそうしよう。

パジ○ロ
2代目のブリスターフェンダー付が大好きだったのが、3代目でデブってガッカリしたあと今度こそは!?と思っていたら相変わらずのダサ重デザインが続いてます。そろそろフルモデルチェンジも近いだろうから、今度こそは初心に戻った貫録ありながら軽快な形になってほしいが???

R〇R
ギャ〇ン・フォルテ〇ス亡きあと、ホークアイランプにジェットファイターグリルのカッコいいミツ〇シ車の最後の牙城がR〇R。色はライトニングブルーマイカかレッドM。でもDoc.Tに車を買いかえる金が溜まる前にフルモデルチェンジして、アウトラ〇ダー顔になってしまうのかな〜〜〜(泣)

ekワ〇ン・シリーズ
ダイ〇ツ車のデザインに見える。これら買うならワゴ〇Rやら、MRワ〇ンがあるえしょ。これらってミツ〇シ車でないよ。悲しいけど。

ラン〇ー・エヴォリューション]
今、セダンを買うとの命題なら絶対これにする。色はレッドMしかないでしょ。でももう風前の灯なのよね〜〜〜。

ミラー〇ュ
う〜ん、なんかインパクトもなければ、華もない。一番売れなきゃいけない車種なのに全然売れてない。デザインの改良点としては、横の斜め線無くす。フロントはジェットファイターグリルにして淵を銀メッキで化粧。バンパー部はブラックアウト。フォッグは横長のスリットに入れて顔をシャープに見せる。ブレーキランプは横長にアルファロメオちっくに。後ろドアの取っ手をドア淵に一体化させ、2ドアに見えるようにする。屋根後端のエアロをもう少し目立たせる。等々

i−MiEV
今更ですが、欧州用の5ナンバーを発売したらいいのに。ふつうのエンジンで結構。それをデリ〇D:2にすれば?いずれにせよ、iのデザインは「ミツ〇シの天才卵」。ト○タがエステ〇マを出したとき、これはミツ〇シで出すべき車だと思ったが、iの登場でそれが証明されたわけ。



そんなわけで、
ミニバンならデ〇カD:5のディープグリーン・マイカとアイガーグレーMのツートーン色。
セダンならラン〇ーエヴォリューション]レッドM
SUVならR〇Rのライトニングブルーマイカ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


自動車デザイン独り言6

2015/07/24 00:06
さて今回は外車を見てみます。

私は特に外車が欲しいとか、良いとか思いませんが日本車に無いテイストには評価を惜しみません。
また一般の自動車ファンが抱くようなこだわりがありませんので、それぞれのメーカーにこだわりのある方は適当にスルーしてください。
私はあなたほどそのメーカーのことを知りませんので、あなたのお好みをけがしてるわけではありませんよ。


ポル〇ェ
なんか今のデザインってどこのメーカーかよくわからないデザインですね。911、タルガ、カレラとかがあった70年代の頃のデザインがらしくて良かった。カイ〇ンとか流行りもんぽくてこんなの買う人ってポル〇ェ・シロートだね。どうしても選べというなら4ドアのパナメ〇ラかな?

ベ〇ツ
どの車もフロント下部の両サイドインテークがばかでかくって、はしたないね。ボディサイドの斜めに引くラインも。セダン系・SUV系ははしたなデザインで全滅。意外にもSL・SLKなどのオープンカー系はフロント、ボディサイドもすっきりしてこれがわずかに許せる。

MI〇I
既にミ〇どころかビッグになってしまった。クーペ・SUV・オープンとかバリエーションが多いが、基本的なMI〇I、ブリチッシュグリーンが一番ですな。外車の中で欲しいと思う1台。

B〇W
こちらもフロント下部の両サイドインテークがばかでかい車種が多い。比較的おとなしいのが5シリーズかな。

アウ○ィ
こちらもフロント下部の両サイドインテークが目立つがギリギリ許せるレベルか。ホークアイ風フロントライトも自動車の未意識を知ってるなと思うセンス。A3は欧州セダンでは一番いいと思えるデザイン。

フォル〇スワー〇ン
上と並ぶハイセンスなデザインが横溢。ただどれがいい?といわれるとこれ!というのがない、のがアウ〇ィと違うところ。

フェラ〇リ
こうゆうもんだとしか思わないので、特に何がどうって・・・・?もらっても仕方ないので、その時はすぐ売ります。

ランボル〇ーニ
上に同じ。

シトロ〇ン
このメーカーのデザイン見てると、今一番日本車に近いデザインだなと思う。ホークアイデザインのライトと、フロントデザインのすっきりしてるC5、C4、DS4あたりはまあまあと思うが、他はフランス車的な異質なデザインが鼻につく。

プジ〇ー
こちらも日本車的なデザイン。ゆえにこれといったものなし。

ル〇ー
ちょっとホ〇ダ的なデザインに共通するようなものが・・・・。メガ〇ヌが次期ミツ〇シ ギャ〇ンか?という噂もあったが本当???エステートGTってのはけっこう良さげだが?

ボ〇ボ
特徴あるグリルデザインは相変わらずだが、常識的なデザインが多いか。

フォ〇ド
フロントグリルしたのエアインテークで、トラス模様のラインがちょっとヘン?

クライス〇ラー
セダンの300ってデボ〇アのデザインに良いように思うが。また比較的安価なクロカン、コン〇スも次期パジ〇ロのデザインに良いと思う。



セダン買うならアウ〇ィA3。
5ドアならル〇ーエステートGT
コンパクトはMI〇I
SUVはクライス〇ーコン〇ス

ってとこかな?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


自動車デザイン独り言5

2015/07/22 21:54
今回はス〇キとダイ〇ツ

ス〇キ

ア〇ト
ライトのデザインがちょっと。外側に向け広がる造形で、幅広を演出するつもりかもしれないが、その考えが貧乏くさい。他の部分は良いだけに惜しい。もう少し縦に薄くしてサイドに回り込む横長な造形だとむしろ広く見えると思うが。

ラ〇ン
先日フルモデルチェンジしたばかり。ボディ下部・ホイールアーチ周辺を樹脂で覆うのは現行のB〇Wミニの真似っこか?元から真似っこだからいいけど、目が早いな。

ハ〇ラー
凄い人気みたいだけど、軽いっぱいにサイズを拡げるクルマや、ワ〇ンRの後追い車種を作るよりずっと意義のある車でしょ。だいたい良いけど、前照灯が横に流れてるのはいったい何の意味があるのお〜〜〜!?

ワ〇ンR
この手のクルマはこれさえあれば他はいらないでしょ。どうせ似たようなもんだし。

スペー〇ア
軽自動車の規格いっぱいのボディを作って、広々した軽を作りました。もう「必死」という感じ。無粋ですな。この手の軽自動車はいらん。欲しけりゃバンタイプでいいじゃん、と切り捨て。

MRワ〇ン
目立たないが適度な高さがありワ〇ンRより使いやすいでしょ。顔もXタイプの変哲のないデザインが良い。フォレストアクアMという青緑系の色が良い。

ジム〇ー
パジェ〇ミニ無きあと、唯一の軽クロカン。デザイン的にはパジェ〇ミニのほうが好みだけど、ラダーフレームなど真面目な作り。買う意味のあるクルマだろう。

ソ〇オ
MRワ〇ンの5ナンバーみたいなイメージ。フロント下部エアインテークのどでかいタイプはちょっといただけない。

スイ〇ト
良い車らしいけど、今一つさっぱりし過ぎのデザイン。もう少し銀メッキラインを使ったふくらみのある造形が欲しい。

SX〇 Sク〇ス
ハンガリース〇キから逆輸入のUV。販売量が極小だがこんな車こそ欲しい!乗ってて「これ日本車?見たことないけど?」とか言われるのが凄く快感。フロントグリル・ブレーキランプの形状に少し注文を付けたいが、他車SUVより全然欲しいと思う車。

エスク〇ド
現在のSUVというかクロカン車の中では俄然良いデザイン。重くなく軽薄でなく24004WDで218万円。プアマンズ・ランクルって感じ?

キ〇シ
いくら銀メッキなしですっきりしてるとはいえ、もう少し威張ってもいいんじゃないの?300万円前後のセダンなのに顔に銀メッキが何もないという真摯なデザイン。でも前から見るとスイ〇トと勘違いしかねないのはさびしすぎる。


個性を求める軽という選択肢としてラ〇ン シホンアイボリーM、ある程度広さを求める軽ではMRワ〇ンXカシスピンクPMを。
小型のSUVの選択でSX4 Sク〇スのクリスタルライムM。クロカンではエスク〇ドと、ここも選択肢が多いな。



ダイ〇ツ

コ〇ン
ホ〇ダのクルマもそうだが、高速でこんなに小さく高さのない軽に乗ってたら、10トントラックが怪獣に見える。やめといたほうがいいよ。

ウェ〇ク
ライトが「目」と強調してるよう、フォグランプ周りの色違いの飾りは何なの?意味あんの?サイズが「必死」な無粋なコンセプト。

タ〇ト
必死で無粋

ム〇ブ
ワ〇ンR買えばいいじゃん、どうせおんなじでしょ?

ミライ〇ス
なんか特徴のないさみしい車デザイン。ただのミ〇ならデザインもまだましで、安い(ビジネスモデルなんで)のでそちらのがまし。

ミラコ〇ア
やたら女の子向けにとデコデコ飾りつけしました・・・・って感じのうざい車デザイン。


特にここで買おうと思う車は無し。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


自動車デザイン独り言4

2015/07/20 23:25
あら、今までの独り言でニッ〇ンの回が閲覧数多目?悪口が多いからかな???(^^;)

さて今回はス〇ルとマ〇ダ。


まずス〇ル。このメーカーはステーションワゴンデザインのクルマを、何台も何台も作り続けてるおかしなメーカーですね。私が自分のクルマとして最初に乗ったのがレオ〇ネでした。いろんな意味で独特・我が道を往く感じが「ス〇リスト」が乗るクルマだな〜と思いましたが。

レガ〇ィ
排気量2500のセダンタイプもあるワゴンSUV。このメーカーのデザイン、横の線は少なくてクリーン。
ただ、フロントグリルの六角形のデザインが好きになれない。

エクシ〇ガ
排気量2500のワゴンSUV。何の存在意義があんの???

レヴォ〇グ
排気量1800〜2000のワゴンSUV。何の存在意義があんの???

B〇Z
排気量2000のFRスポーツ。8〇よりもマシ。でもいらない。

フォレ〇ター
排気量2000のワゴンSUV。何の存在意義 以下略

インプレ〇サXV
排気量2000のワゴンSUV。 以下略

インプレ〇サ
排気量2000〜1600のワゴンSUV。 以下略。一応セダンもあり。

W〇X
セダン。

トレ〇ア
コンパクト。ト○タ、ラクテ〇スのOEM。前世代のス〇ルらしいグリル。ラクテ〇スよりはマシ。

デザインに特にあれこれ言うことのないメーカー。レガ〇ィで書いた意見が全ての車種に当てはまる。こんな内容の車種でよく販売量が続くな〜??????



次マ〇ダ。

ロードス〇ー
なんて顔してんの?マンガの顔が「ナハハハ!」と笑ってるみたいな顔。前世代のデザインではアンダーエアインテークがこれに似た半円形の形で、まるで赤塚不〇夫のキャラの口みたいのが町中に溢れていてわらったが、その復活となった。困ったもんだ。誰が何と言おうとこの車は初代が一番。

CX〇3
現在のマ〇ダのフロントグリルデザインは、まあいい方のでざいんだと思う。ただ一点、ライトの下のフォッグの形が縦長(斜め)は顔が大きく見えてかっこ悪い。この部分円形でフォッグも円形のライトを付けりゃいいだけのことじゃんよ〜。あと元になったデ〇オに比べ値段が高すぎる。

アテ〇ザ
特に悪口を言う所はない。やはりフロントのフォッグが円形なら合格点をあげれたが。

アク〇ラ
フォッグが円形なら合格点。これのスポーツ1500Cの赤なら買ってもいい。

デ〇オ
全体のまとまりは先代の方が良かった。フォッグの形を円形にすれば合格点。

CX〇5
悪くはないが、いわゆる「あるある」SUVはきらい。

プレマ〇ー
横の意味不明のラインはなんなの?あのラインがない初期型は良かったのに。

ベリ〇サ
車雑誌などでは既にシーラカンス呼ばわりされてるみたいだが、デザインは今のコンパクトに比べたら十分合格点。ただボンネットの上部まで広がってるフロントライトがもう少し横長だったら合格点だったのに。コンパクトカーを買うのなら赤のベリ〇サは唯一の候補。

ビア〇テ
フロントフェンダーまで回り込んだフロントランプは意味不明。フロントグリル周りもホ〇ダ車みたいでいや。

M〇V
先代のデザインはエステ〇マ並にお気に入りだったが、今のはデカイフロント周りのデザインが好きになれない。

セダンを買うならアク〇ラスポーツ1500CソウルレッドプレミアムM
コンパクト買うならベリ〇サ1500Cの赤M
おう、このメーカー凄い。Doc.T好みだ。







記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


自動車デザイン独り言2

2015/07/13 22:47
2回目はニッ○ンです。

1987年頃までは、結構ニッ○ンって好きな車がいっぱいあったんです。
510ブルー○ード、ブルー○ードU、初代ロー○ル、愛のスカイ○イン、ケン○リスカイ○イン
チェ○ーX1−R、二代目シル○ア、レパ○ド・・・・・でもバブルの頃以降は・・・。

エクストレ○ル
元はクロカンと言われて今はSUVというこの手のクルマ。ボディ形状が乗用車的になるのが最近の傾向。みんながみんなそんな傾向なのがいや。しかしこのエクストレ○ルはクロカンちっくなテイストはある程度残してる。フロントグリルのべろみたいな銀メッキがちょっとねえ。

ジュ○ク
近くで見るとカエルかでんでんむし?ボンネットの出目金みたいのがライトで、ライトに見えるのがフォッグって・・・。べろもあるし、ジュ○クというよりジョークだよ、これじゃ・・・。

スカイラ○ン・フ○ガ・シ○マ
フロントグリルが打ち出の小槌みたいなデザイン。かっこいい車って何かがわかってないんじゃ?

テ○アナ・シル○ィ・ラテ○オ
全体のプロモーションはいいけど、フロントデザインがこれまた「こんなの適当でいいから、次行こう」とデザイナー氏?

GT−○
GTOじゃないよ。世界でも有数のハイパワー車が、なんか2ドアセダンみたいなかっこ。

フェアレ○ィZ
横からのシルエットが1970年代のZに見える不思議?変なかっこのヘッドライトが妙に印象に残る。

ノ○ト
フロントグリルに隠れたようなヘッドライト。意味のないボディサイドのライン。ブレーキランプの不整形な形。

キュ○ブ
唖然とします。ただでくれると言っても貰いたくない。売ってお金にかえる時間も惜しい。

マ○チ
これもベロ付き。欧州カー・オブ・ザ・イヤーを取った初代マイクラが遥かな昔。

ラフェ○タ
全体にここが本当にいやだ、というとこがないものの、ボディサイドの意味不明のラインがダメ押しに。

ウイング○ード
Cピラー後の屋根のラインが持ちあがるのが気持ち悪い。フロントグリル・ライトのデザインも最悪。

リ○フ
一言、「カバ」

エルグ○ンド・セ○ナ
これまた、ヤ○ザの顔に刀傷、銀メッキの虚飾にデコトラ以下のデザイン。

デ○ズ・シリーズ
ミツ○シと共同開発。ミツ○シ的なデザインだともう少しどうにか・・・と思うんだけど、この形どうみてもダイ○ツが作ったデザインに見える。ekワ○ンより銀メッキが多いのは、このメーカーの成金趣味を感じるなァ・・・。



今のこのメーカーには、良いと思うもの・買ってもいいかなというもの、供に無いです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


自動車デザイン独り言

2015/07/10 23:41
今日は話題を少し他方に向けまして・・・・・・。

漫画やアニメ・ゲームでなくてカー・デザインについて。


若い方は最近の世評では車に興味がない、という話が一般的になってしばらくたちますが。

Doc.Tは結構な年なんで、車の選定が自己主張またはステータス・シンボルって時代を知ってます。

なんで、今でも車が気になります。

にしても、なんなんでしょうね!?最近のカーデザインの劣化ぶりは。ほんと目に余るし若い人が車に興味がないというのは無理もないと思います。
何がひどいって、工業デザインのクルマに「ゲイジュツ」(とデザイナーは思ってるかもしれないけど、明らかにモドキ)としてのラインをこれでもかと言わんばかりにてんこ盛りにしてる。
私たちはカンチガイ・カーデザイナーの「ゲイジュツ」モドキなんて求めてない!!!!

まずは、Doc.Tが本来あるべき素晴らしいカーデザインの例を上げましょう。


最初にカーデザインについて鮮烈な印象を持ったのはミツビシ・ギャランGTOの発売時でした。
10代の人はギャラン・フォルティス?とか40代前後の人はミツビシ3000GTO?とか思うかもしれませんね?
1970年に1600DOHCとツインキャブレターモデルで発売されトヨタセリカと同時期にスペシャルティカーの草分けとして現れた2ドアクーペでした。
逆スラントノーズ・ヒップアップテール・タンブルフォーム・ファーストバック・2分割フロントグリル・国産車で最も傾斜角の低いフロントグラス・・・・・・・
とデザインでギャランGTOを表わす言葉は枚挙にいとまがありませんでした。
シャープで直線的なボディ前半、ファーストバックで曲線的に絞り込まれたCピラー部。ボディ後端が再びストッと切り込み落ちる直線的処理と、空気抵抗を友とするようなデザイン。
今でも見たらほれぼれするボディラインを持った美しいデザインでした。

その後もミツビシ車のデザインには素晴らしい車が連続しました。

セミファーストバックを保守的なセダンのデザインに見事に取り入れた初代ギャランΣ
前部アンダースポイラーをトータルデザインに消化し、国産初の角形ライト採用とアダルトなクーペデザインの初代ギャランΛ
FFハッチバックデザインを高貴ともいえるデザインセンスで実現した初代ミラージュ
初代ギャラン・初代ギャランΣの基本デザインをコンパクトセダンで実現した2代目ランサー
アメリカンなクーペともいえるが、超個性的なスタリオン2600GSR−VR
重役車のデボネアにベンツチューナーAMGのエアロを纏ったデボネアAMG
スーパーセダンの異名を持つVR−4で有名な筋肉質なデザインのE−30系ギャラン
優雅な7シーターワゴンなのにオデコが出っ張ったユニークなデザインとエヴォな走りのシャリオリゾートランナー
直噴ガソリンエンジンの初採用とともにミツビシらしいシャープなデザインで蘇ったGDIギャラン
真っ当なセダンデザインと、マッチョなスーパーセダンの共存、現ランサーエヴォリューション]

勿論、他メーカーにも良いデザインはありました。

トヨタ
流面形の異名で知られた、つややかな曲線デザインの165セリカ
トヨタの天才たまご、初代エスティマ&ルシーダ・エミーナ

ニッサン
個性的なクーペデザインの二代目シルヴィア
カッコいい車で初めて4ドアの設定があった初代レパード

イスズ
一目見て優雅なデザインセンスに魅了される117クーペ
その後継で違う意味で優雅なピアッツァ

ホンダ
スタイルの良さと知的センスを感じる初代アコードハッチバック
普遍的なスタイル、二代目プレリュード

これら嘗ての素晴らしいデザインがありながら、今日のあきれ果てるカーデザインの数々は次回に・・・・。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「クルマ」ブログ

DoctorT's Blog クルマのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる